ANAインターコンチネンタルホテル東京 その8

ANAインターコンチネンタルホテル東京 その8、ラストです。


クラブラウンジは、入り口から左手がソファスペース、
右手がテーブルスペースになっています。
ラウンジのモダンな感じの雰囲気が好みでした。
基本的に飲み物等はセルフサービスのようです。
個人的には気をつかわなくていいセルフは好きですね。
夕方にジュースをいただいたときは左手のソファスペースで。
このときは、飲み物の他にプチケーキやクッキーなどもあるようです。
c0077283_16562974.jpg


私が座った席の脇には雑誌のコーナー。
日本語の雑誌が多くてうれしいかもー。
c0077283_1712785.jpg


夜にも、待ち合わせの時間までちょっとだけおじゃましてみました。
このときは夕方よりもにぎわっていましたが、それでも席には余裕がありました。
いつものようにジュースをいただいた後は、やっぱりアルコールも飲みたいなー(^^)
ということで、ワインのラベルとにらめっこして(日本語じゃないからね)、
白ワインをちょっとだけいただきました。
この時間にはおつまみもありますが、種類も量も少なめな感じかな。
レバーペースト(多分)をパンにつけて、あとは乾き物などをいただきました。
c0077283_1784099.jpg


朝食はテーブル席の方でいただきました。
種類はやっぱり少なめかな。
インターコンチネンタル東京ベイよりも少ないかもしれません。
c0077283_17114711.jpg


でも、パンはとっても美味しかった~(^^)
クロワッサンとデニッシュの生地が美味しくて、
特にチェリーのデニッシュがお気に入りで、もう一個食べちゃいました。
パン好きで、パンの善し悪しで気分が左右されるのですが、とても満足しました♡
c0077283_17155566.jpg


                                             おわり。





もともと主観的に好き勝手に書いておりますが、ここからはホントにちょっとした私個人の勝手な思いによるものなので、読み飛ばしていただいても。

朝食後に、チェックアウトの時間が気になったのでラウンジのスタッフに確認することにしました。
アンバサダー会員の場合は、16時までお部屋を使用することができます。
今回もそのつもりでいたのですが・・・
その方に、「アンバサダー会員なのですが、お部屋は16時まで使用できますよね」と尋ねると、「ちょっとお待ちください」とパソコンを操作した後、「そのような情報は入っておりません」と。
え、マジっすかΣ( ̄ロ ̄lll)
でも、今回はちょっと事情があって15時くらいまでお部屋を使わせていただきたいのです。
どうしよう、と思いながら、「確かに予約の際にチェックアウトの時間は言っていなかったのですが、事前の申し出がなくても16時まで使えるのではなかったでしたっけ。予約の回答メールにも16時まで利用できる旨が書いてあったのですが・・・」とお話しすると、「その場合でも事前のお申し出が必要になります」と冷たく(私には聞こえた)言われてしまいました。

(※ 後からわかったのですが、やはりこれはホテル側の勘違いで、事前の申し出がなくても16時まで利用できたのでした。)

申し訳ないと思いつつどうしてもとお願いすると、どちらかに(多分フロント)電話をしてお話をしてくれました。(でも、友達口調で話してるのが気になりました。一応、客の前なんだからさぁ。(^_^;) ) で、何とかしていただけたのですが、「他のお客様が入っているのですが、こちらで調整しましたので」と。
わ~、ごめんなさい、ごめんなさい。
その時は私の勘違いだと思っていたので、本当に申し訳なく、そしていたたまれない気持ちになってしまい、この後も暗い気持ちを引きずって過ごす気の小さな私でした。
(その後のマッサージの方の優しい人柄に少し癒されましたが。)

15時過ぎに部屋を出て、荷物を送る必要があったため、チェックアウトはクラブラウンジではなく、フロント左脇の別室で手続きをしていただきました。
(ここがクラブラウンジ専用なのか、Priority Club専用なのかは不明でしたが。)
こちらには男女お二人がいらっしゃって、アンバサダーの更新手続きのお話しも気軽にできてよかったです。
最後に、「事前に申し出もせずに無理矢理この時間までお部屋を使わせていただいて、多くの方にご迷惑をお掛けしたようですみませんでした。助かりました。」と謝ると、お二人とも ? という顔で、「いいえ。アンバサダー会員様は特にお申し出がなくても16時まで使用していただけることになっておりますが。」と。
あ、やっぱりね(^_^;)
「クラブラウンジの者が勘違いしたようで申し訳ありませんでした。」と言われてしまいましたが、
いえいえ、いいんです。私のせいで他のお客様にご迷惑をお掛けしたのではないことがわかって安心しました。
インターコンチネンタル系列になってまだ一年も経っていないので、まだ慣れていないこともあるのでしょうね。
これからは、大事なことは自分で事前にチェック(どっかのCMみたいだ)しよっと。

でも、ラウンジに朝行って「おはようございます」と挨拶したときに、黙ってうなずかれたのは悲しいかな。やっぱり言葉で返してほしかった。さりげない挨拶を好む人もいるんでしょうけどね。
もちろん、この方が全てではないのですよ。
カスタマーサポートチームの気の利いたメール回答とか、客室から電話をしたときの素早い対応とか、マッサージの方の温かい人柄とか、チェックアウトでの対応とか・・・ほんとに良くしていただいて、うれしいなー、ありがたいなーという気持ちでいっぱいになりましたもの。
あ、やっぱり私、ホテルに期待しすぎなのかなー。
もっとこう、さりげなくというか、スマートに利用できればいいのにね。
心の広い、大人の対応ができるようになりたいなー、なんてことを考えてしまった今回のホテルステイでした。

                                            おわり。
[PR]

by fukusakura79 | 2008-02-17 19:42 | ホテル